2016年8月11日 (木)

明日から徳島へ!

超お久しぶりの投稿です!!

コメントいただいている方でメールアドレスを添付してくださった方には直接メールでお返事をさせていただいています(^ω^)

私がコメント返ししていないなぁとご心配されている方がいらしたらいけないと思い、念のため(笑)




さてさて、娘は2歳を過ぎ、私は術後3年9ヶ月が経とうとしています。


産後、体重が20キロ以上落ちて、先日の人間ドックではコレステロール値が低すぎてひっかかりました(°_°)

娘がたまごアレルギーなので、なんだか自然とたまごを食べなくなったことも原因のひとつかなあ?

それに最近身内のサポートなどで忙しくバタバタしており、だいぶやつれたのもあるかもです(°_°)

とにかくお盆明けにまた精密検査しなくちゃみたいです。

ただ、本人はいたって元気にしています!!


明日から徳島へ行って参ります。
生まれて初めて、本場徳島で阿波おどりを踊らせていただくことになりました。こんな日が来るなんて感無量です!!!阿波おどりを始めた約15年前にはこんな日が来るなんて予想もしていませんでした。

この日のために夫や連員の仲間と共に、猛練習をしてきました。

肩筋、腕筋、背筋、足筋、かなりついてます。
昔、波乗りガンガン行っていた時を思い出すほどです(笑)

そして、今は踊っているときは背中にチタンが入っていることをすっかり忘れてしまうほどです(笑)


悔いのないよう、しっかり演舞してきたいと思います‼︎


2015年10月 4日 (日)

背筋

毎週日曜の午後、阿波おどりの練習を4時間しています。今日も行ってきました。

今年の阿波おどりシーズンも終盤、まもなくオフシーズンに入るわけですが、今日は私の悪い癖などを直すために色々とアドバイスをもらい、特訓しました。

側弯の手術をしたので背骨は丸めたりそったりできないのですが、

でもぷりっとお尻を突き出して背をなめらかに反るような姿勢をとりたいのです。

腰椎は一椎のみ、固定されていません。
その一椎をうまく駆使し、

肩から肩甲骨あたりまでの部分をうまく使い、

腰から上半身はかなり前傾をとれば良い、ということまでは、頭では理解できましたが

実践がなかなかキツイ(T_T)


そんなこんなで頑張っていたとき、あーでもないこーでもない言いながらふと自分の背筋を触ると、、、

左右ともに結構ガッツリ筋肉がついていました!

右の腰部の筋肉は術前は全くなく、
ふにゃふにゃとしていましたので、

右腰部の筋肉がモリッとついていることに感激し、

思わず夫に触らせました(笑)

手術直後柔らかかった背中もだいぶしっかり筋肉で硬くなり。気付けばもうすぐ術後3年なんだなーって。しみじみ。

また3年記念に背中の画像をアップしたいと思います。

30過ぎて手術しても、傷跡けっこうきれいにうすくなってきましたよ〜〜

2015年8月12日 (水)

夫が入院

先日、夫のくまが激しい腹痛を訴え、救急で診てもらったところ、憩室炎という大腸の炎症が起こっていることがわかり、緊急入院しました(T_T)

健康で丈夫なくま。いつも病気したり入院したりするのは私ばかりでお世話になってきました。

ここは私、頑張って支えなければ!と気持ちを奮い起こしました。

正直、一歳の娘と投薬が必要なうさぎとの3人(?)きりの生活、そして夫の入院サポート、どこまで頑張れるか不安もありました。

が、なんとか乗り切りました!

くまは絶食と点滴治療を頑張り、昨日10日間の入院を経て我が家へ戻ってきました(≧∇≦)


もう、人生ホント色々ありますね。

なんでもない日常がどれだけ有難いことなのか、

またしても身に染みました。

娘もくまが戻ってから本当に嬉しそう。

今日はベランダに小さいビニールプールを出して

家族3人でささやかに夏の遊びを楽しみましたwave



子宮頸がん検診、再検査

4月に子宮頸がんの定期検診を受けたところ、

ASCという結果が出ました。

以前は数字で結果が出ていたのが、最近はアルファベット表示で結果が出るそうで。

で、ASCというのは「気になる」という状況だそうです。

そのASCもUSとHに分かれ、USは「まぁ大丈夫だろうけどちょっと気になる」、Hは「気になる、もしかしたら異常細胞かも」という意味らしいです。

4月の時点ではASCのUSだったので、3か月後に再検査となりました。

で、7月あたまに再検査し、約2週間後に結果を聞きに行ったら、な、なんとASCのHでした( ;´Д`)


医師から精密検査「コルポスコピーと組織診」をすすめられ、その場で検査をお願いしました。

また高度異形成の可能性もあるとのことで、
さすがに落ち込みました。


産後1年が過ぎ、妊娠中から比較すると20キロ痩せた私。(妊娠中に15キロ増えて、産後20キロ痩せたので、通常時の体重としてはマイナス5キロ)

体重が急に減って少し免疫が下がったりしたのかもだし、あまり気にしてストレスになると免疫が下がるって聞くし、とにかく明るく笑って過ごすしかないと思い直し、結果を待ちました。

で、

結果は軽度異形成。
とりあえず今は心配ないとのことでした。

安堵しました。

2009年の高度異形成の手術から6年。

その後、側弯の手術、妊娠、シロッカー手術、出産と、立て続けに色々ありました。

正直、エェ‼︎また⁈ってハラハラしました。

今後は一応3ヶ月後にまた検診を受けることになりました。

食事に気をつけて明るく笑って過ごすことを心がけたいと思います!!

2015年6月 8日 (月)

手術頑張って!!

このブログを読んでくださっているelleさんが、

明日、6月9日、側弯症の手術を受けられます!!

elleさん、頑張ってきてください!!

めちゃくちゃ応援しています\(^o^)/


ブログを読んでくださっている皆さんも、一緒にエールを送りましょうーーー!!!

絶対大丈夫!!


ファイト!!!

2015年4月19日 (日)

うさぎのMRIとステロイド

MRIを撮った結果、

脳髄膜炎であることがわかりました。

その結果、お薬が変わりました。

ステロイドを飲ませることに。
胃を守る薬も一緒に。

通常、うさぎにはステロイドは使わないそうですが、脳髄膜炎にはステロイドを使わないといけないとのこと。

心配でしたが、

ステロイドを投薬し始めるとウサさんはグングン回復してきました。

現在はステロイドの量を減らして投薬しています。

一時は起き上がることが困難でしたが、

今は首は傾いているけど身体は起き上がり、動きもだいぶスムーズになってきました。

鍼灸師の友達にお願いをし、

ウサさんに往診もしてもらいました。


本当に生きた心地のしない日々でした。

最近、ようやく落ち着いてきました。

娘は旦那がウサさんにお薬あげていると、あーうー言いながら近づいていき、なでなでします。

そして、なでなで成功すると、上下にぴょんぴょん跳ねてニコニコ大喜びです。

あんな小さくても、ウサちゃんが回復してきたこと、ちゃんとわかってるのかな、と感激しました。

発作が起きた時は、ギャン泣きだったもんね。


もうひと息、がんばれぇ!!!ウサちゃん!!

うさぎの斜頸

色んなことがありすぎて、のひとつに、

我が家のウサさんの病気のことがあります。

ある日、突然、首がカクカク傾いているような様子でした。

心配で撫でようとすると、グルグル七転八倒ローリングをし、かなり高く飛び上がり床に叩きつけられるように落ちました。

ビックリした私はウサさんの名前を叫び、泣き、

そのようすに驚いた娘はギャン泣き。

2人で抱き合いながら苦しむウサさんを見つめ、

動物病院へ電話をしたところ、
目を見るよう言われました。

眼振。目が揺れていませんか?と。

はい、揺れています!!
かなり揺れていました。

ウサさんにはよくある病気だそうです。

怪我をしないよう、タオルで包むよう指示をされました。

旦那の帰りを待ち、動物病院へ行きました。


病院で言われたことは以下のとおりでした。

◾︎眼振が縦揺れなので、脳の障害の可能性が高い。
(横揺れの場合、耳の問題の可能性が高い)

◾︎脳で何が起こっているかは専門の施設でMRIを撮らないとわからない。(費用10万以上)

◾︎ウサさんは目の回りや斜頸の状態に慣れてくると元気に生活できることもある。脳の障害でなければ。

◾︎食べれなくなることが一番の命取りになるので、強制給餌で確実に食べさせること。

◾︎エンセファリトゾーン症と言われることが多いが、実際は実はそんなに多くない。

◾︎考えうるいくつかの場合に対処する薬を出す。副作用に対する予防の薬も出す。

◾︎一週間ほど投薬と強制給餌で様子をみてみよう。

◾︎MRIを撮るかどうか考えてきてほしい。

そして、その日は点滴を打ってもらい、薬をいただいて帰りました。


ウサさんの投薬、強制給餌は旦那が

俺に任せろ!

と引き受けてくれました。

本当にありがたいと思いました。

一週間たち、また診察に。

少し改善したものの、斜頸はかなりすすんでいました。

私たちは悩んだ末、MRIを撮ることにしました。

MRIを撮るためにはウサさんは全身麻酔を打たねばならず。ウサさんにとって全身麻酔はリスクが高いのですが、そのリスクより撮らないリスクの方が高いと判断しました。

つづきます。

術後2年3ヶ月検診 異常ナシ

ものすごく色んなことがありすぎて、
もう何から更新していいかわからなくなり

こんなに空いてしまいました!

2月23日に、側弯症の術後検診に行ってきました!

異常ナシです。良かったです!

この度、主治医の先生に初めてこのブログのことをお話ししました。

そうしたら、先生方もこのブログのことをご存知でいらしてくださり、

感激(T ^ T) うぅー!

このブログをみて先生の元へいらしている患者さんもいることなど、和気あいあいとお話しができて良かったです!!!

身体の様子ですが、

常に娘を抱っこかおんぶなので、肩こり半端ないです;^_^A

腰痛もあります。両側ともに。痛みは違う痛みで、ガマンできる程度のものです。

ですが背中の調子は良いです。
皮膚のツッパリがだんだんと柔らかくなりました。

肩甲骨を回すストレッチもスムーズにできるし、

阿波おどりも相変わらず頑張っています。

娘はベビーカーに乗ってくれません(笑)
なのでずっと抱っこ。

だけど可愛い。私が抱っこすると嬉しい!って顔をしてくれる。だから肩こり半端なくても、

頑張っています\(^o^)/

2015年2月18日 (水)

もうすぐ側弯検診日(*☻-☻*)

2月23日に、側弯症の術後検診に行ってきます!

術後、2年と3ヶ月です。


前回の検診からは半年、あれからまただいぶ身体も鍛えられ(笑)、動きもますますスムーズになってきています。

クマは毎度毎度、もうそんな動きできるんだ⁉︎とか感動してくれるので、

尚更励みになります(*☻-☻*)シュピーン

私自身、育児しながら色んな動きができることに日々感謝の日々。

人の身体ってすごいですね。

私の背骨、ほとんどが固定されていて、

ほとんどが丸められないんですよ。

でも、背骨以外、嘘のように動きます。

背筋も、柔らかくなるんですね。

背骨にひっついたままでなく、

背筋そのものがちゃんと独自の動きができるようになるんですね。

そんなことにもえらく感動してます。

時間てすごい。

毎日毎日、人の身体は作り変えられている。

毎日毎日、少しずつ回復してます、まだまだ!


娘をおんぶで阿波おどりを踊るとご機嫌なのが嬉しくて。
練習以外でもあやすときは阿波おどりです(笑)
あ、手はつけません、練習以外ではね。

かなりあやしい(笑)

あの人のあやし方、全身全霊すぎないか⁉︎と思われているかもです(笑)あはは


検診の日はいつも楽しみです。

先生に会える、そして海に行ける。


そして、病院近所に住むクマの兄弟夫婦に会える。


ルン(*☻-☻*)

2014年12月 2日 (火)

術後2年経過☆背中の写真

背中の傷、及び背筋の様子をアップします。
苦手な方は見ないでくださいねー‼︎













阿波踊りの練習に復帰したこと、

産後は抱っこ三昧な生活なこともあり、

背中の筋肉がついてきた印象です。

左腰部の側弯がまだあるので、

左のくびれがやはりあまりないですが、

術前はくびれどころか左に出ていたのでね!

出産も経て、最近の様子はこんな感じです(*^^*)


«術後2年経ちました!

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ